運営方針

立川フェニックスは、野球を通じ子供たちの健全な育成と、礼儀、協調性を育むことを目標としています。また、子供たちが将来の夢を描き、夢に向けて努力する心を養うことをめざします。

立川フェニックスは、子供、父母、スタッフが一体となってチーム運営を行います。子供たちが野球をやることで、ご家庭での話題のひとつとして必ず役に立つものです。子供たちと一緒に野球を楽しむことが出来るのは、小学生時代しかありません。親子の貴重な時間を野球に費やすことは、大事なお子さんと将来にわたって長い期間コミュニケーションをとるための手段の一つと考えています。

全員で協力しあい、子供たちの成長を楽しみましょう!

 

指導方針

野球を好きになり、末永く野球を続けてもらいたい。少年野球は、その入り口であると認識し、低学年では野球の楽しさ、次のステージに向けて野球を好きになることを教え、高学年では基本と実践的な技術を学び、チームワークの楽しさ、大事さを伝えていきます。

野球を始めた子供たちは、誰もがプロ野球選手になれる可能性を秘めています。その可能性を伸ばすとともに、将来の夢を描き、目標に向けて努力する事を伝えていきます。

勝利した時の喜び、負けた時の悔しさは大切ですが、勝負の結果にこだわるより、そこに至る過程をより大事にしたいと考えています。